企業内コミュニケーション活性化ビジネスコーチ・五十嵐浩士公式サイトです

コーチングとは

コーチングとは?

相手に質問しながら、その人の潜在能力や問題の解決策を自主的に引き出し、人材開発を進める技術。コーチング専門の資格をもった職業をさす場合もある。もともとはスポーツ界の指導者を意味する用語だったが、ビジネス界でも人材育成の技術(スキル)として幅広く使われるようになった。

コーチcoachの語源は「馬車の人を乗せる部分」で、ここから「人を望むところへ送り届ける」との意味が派生した。コーチングは自主的行動を促す点で、コンサルティングや相談などとは別物とされる。1980年代に、バスケットボール、フットボール、ゴルフなどプロスポーツの分野でコーチングを体系的技術として理論化する試みが盛んになった。1990年代に入ると、企業の社員教育などの目的で広く普及。1995年にアメリカに国際コーチ連盟International Coach Federationができ、日本でも1999年(平成11)に日本コーチ協会、2002年に日本コーチ連盟が発足した。

(引用:Yahoo!百科事典

コーチングとは、相手が目標を達成するために、必要な知識やツールを備えさせ、最短の時間で成果が上がるように、継続的にサポートしていく双方向のコミュニケーションです。

(引用:コーチ・エイ


コーチングで得られる成果

目標達成は勿論ですが、実はそれ以外にも成果があります。
目標を達成するということは、達成するために色々な能力を身につけた結果なのです。

  • (例)
  • 能力がつく
  • 笑顔
  • 喜び
  • 楽しさ
  • 人的リソース
  • 問題解決志向
  • 聞く モチベーションが上がる
  • 感情マネジメント
  • 関係性を作る能力
  • 自分と他人の強みが分かる
  • 優しくなれる
  • 自分を知る
  • 語彙が増える
  • 妥協を減らす(エネルギーが高まる)
  • 集中力
  • ご飯がおいしい
  • タイムマネジメント
  • 構造化
  • 質問力
  • 本音が言える(ありのままでいられる)
  • 家族との会話が増える
  • 自己肯定感
  • 自分の路線
  • 情報
  • 能力がつく
  • 夢を語れる
  • 自分の可能性
  • 優先順位
  • 客観視できる
  • タフになれる
  • 視野が広がる
  • コーチングができるようになる
  • 自分が好き
  • 達成感
  • マネジメント能力
  • セルフマネジメント
  • 手放せる
  • スピードアップ
  • 聞く能力
  • 自己開示
  • ビジョン
  • 考える力
  • ポジティブ
  • 継続力
  • 行動力
  • 自信が持てる
  • 環境や基盤が整う
  • 未完了が減る
  • 成功法則
  • 周りの人から信頼される
  • 人から好かれる

関連ページ





a:2067 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional